特集
» 2006年07月21日 20時42分 公開

マーケットシェアの奪い合いにしのぎを削るSAPとオラクル (4/4)

[Renee Boucher Ferguson,eWEEK]
前のページへ 1|2|3|4       

 アナリストらが、SAPの今期の不振は一時的なもので深刻な問題ではないと考え、同社の戦略を大部分において支持しているのとは対照的に、Oracleには厳しい評価が下された。

 7月18日の発表会見の質疑応答では、あるアナリストが次のような発言をしている。「Oracleが(PeopleSoftやJDEをはじめとする多数の企業の買収を通して)一連の合併に着手した2年前、膨大な量の仕事が同社を待ち受けていることを、われわれは理解していた。ここへきて、そうした仕事のほとんどが完了したようだが、いったいどのようなやり方で作業を進めたのか教えてもらいたい」

 Oracleは数年前から、ユーザーの声に答えて標準ベースの開発に大きな重点を置き、独立系ソフトウェアベンダーやシステムインテグレーターに門戸を開くなど、これまでとは異なるアプローチを採用するようになったと、フィリップス氏は述べている。

 「標準的なユーザーにとって、これは非常に有益な転換であったと思う。(2004年のPeopleSoftおよびJDEの買収から)数年を経た今日、企業はOracleとの合併を前向きにとらえるようになった。2年前とは大きく異なり、今ではわれわれの風向きはすこぶるよい」(フィリップス氏)

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -