ニュース
» 2006年08月14日 16時06分 公開

Imagine Cup、優勝はイタリア代表チーム

インドで開催された「Imagine Cup 2006」世界大会は8月11日に閉幕、日本代表チームも参戦したソフトウェアデザイン部門では、イタリア代表チームが優勝の栄冠を手にした。

[ITmedia]

 インドで開催された「Imagine Cup 2006」世界大会は8月11日に閉幕、閉会式で優勝者が発表された。日本代表チームも参戦したソフトウェア デザイン部門では、チューリン工科大学(Polytechnic of Turin)の学生らをメンバーとするイタリア代表チームが第1位を獲得、賞金25,000ドルを手にした。

 同大会では、100カ国以上の国々から参加した6万5千人を超える中から選ばれたファイナリスト、42か国72チーム、総計181人の学生達による戦いが1週間にわたって繰り広げられた。ソフトウェアデザイン、アルゴリズム、IT、ショートフィルム、インタフェースデザイナー、ビジュアルゲーミングという6部門に分かれ、それぞれの課題に挑戦した。

 各部門において優秀な成績を残した上位3チームは以下のとおり(終了順)。

  • ソフトウェアデザイン部門
第1位 イタリア代表、チーム「Even .ctor」
第2位 ブラジル代表、チーム「Trivial」
第3位 ノルウェー代表、チーム「NTNU」
  • アルゴリズム部門
第1位 ポーランド代表、Piotr Marek Mikulski
第2位 ポーランド代表、Przemys?aw D?biak
第3位 ポーランド代表、Tomasz Blajek
  • IT部門
第1位 オーストリア代表、Andreas Tomek
第2位 ルーマニア代表、Valerica Greavu-Serban
第3位 フランス代表、Daniel Boteanu
  • ショートフィルム部門
第1位 カナダ代表、チーム「Forest」
第2位 ポーランド代表、チーム「Skylined」
第3位 アメリカ代表、チーム「LCL」
  • インタフェースデザイナー部門
第1位 ブラジル代表、チーム「Virtual Dreams」
第2位 中国代表、チーム「Frontfree Studio-MISG」
第3位 インド代表、チーム「Avengers」
  • ビジュアル ゲーミング部門
第1位 フランス代表、チーム「Team Atomnium」
第2位 セルビア共和国代表、チーム「R.A.F」
第3位 フランス代表、チーム「Lya」

 なお、次回2007年度のImagine Cupは、韓国ソウルでの開催予定となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -