ニュース
» 2006年09月07日 08時00分 公開

MSとCisco、ネットワークセキュリティ技術に互換性

ネットワークセキュリティ技術であるCiscoのNACとMicrosoftのNAPに互換性を持たせるアーキテクチャが公開された。

[ITmedia]

 米Cisco Systemsと米Microsoftは、Ciscoの自己防衛型ネットワーク構想に基づくセキュリティ技術Network Admission Control(NAC)と、Microsoftのネットワークセキュリティ強化技術Network Access Protection(NAP)に互換性を持たせる共同開発アーキテクチャを公開した。両社は新アーキテクチャを9月6日、米マサチューセッツ州ボストンで開催の「The Security Standard conference」でデモする。

 両社が発行したホワイトペーパーには、Ciscoのネットワークインフラを、Microsoft Windows VistaとWindows Serverの次世代版(コードネーム「Longhorn」)のインフラと統合する方法も説明されている。ホワイトペーパー(PDF)はCiscoMicrosoftのサイトでダウンロード可能だ。

 NACとNAPの互換性を実現した具体的なソリューションの提供については、まず限定的なβプログラムを年内にスタートする。顧客企業が実際に同ソリューションの導入を始められるのは、Longhornが登場する2007年後半からになる予定。

 両社は今後も個々にNACとNAPを提供していくが、ユーザーはNAC、NAP、互換ソリューションからの選択が可能になる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ