ニュース
» 2006年10月11日 07時44分 公開

仮想化ソフト市場、2年連続で60%超の伸び

市場規模は5億6000万ドルで、うち55%をシェア首位のVMwareが占める。IDCでは、今後も市場の伸びは続くと見ている。

[ITmedia]

 調査会社の米IDCは10月10日、世界の仮想化ソフト市場に関する統計を発表した。2005年の市場規模は、前年比67%増の約5億6000万ドル。2004年(前年比63%)に続き、大幅な伸びを見せている。

 ベンダー別では、EMC傘下のVMwareが55%のシェアを占める。地域別では、北米が全体の半分以上を占めるという。また、Linux対応のソフトが急速に伸びていることも分かった。

 IDCでは、仮想化ソフトを「動的なIT環境を作る基本技術」と見ており、仮想化ソフト市場の伸びは今後も続くと予測。一方で、仮想化と従来の管理ツールとの統合や、管理機能の拡充などに課題が残るとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ