ニュース
» 2007年02月14日 07時38分 公開

MSとNovell、技術提携のロードマップを発表

仮想化、Webサービスベースのサーバ管理など、2007年に取り組む4つの重要分野における戦略を発表した。

[ITmedia]

 米Microsoftと米Novellは2月12日、技術提携の詳細を明らかにした。

 まず仮想化分野については、2007年第2四半期中に、「Microsoft Virtual Server 2005 R2 Service Pack 1」上で、Novellの企業向けサーバOS「SUSE Linux Enterprise Server 10」をゲストOSとして稼働できるようにする。また次期サーバOS、Windows Server "Longhorn"上でも、同OSの登場後半年以内にリリース予定の仮想化技術を使ってSUSE Linux Enterprise Server 10をゲストとして稼働できるようにする。一方SUSE Linuxに組み込まれている仮想マシンモニタ「Xen」により、SUSE Linux Enterprise Server 10上でWindows Server "Longhorn"をゲストとして稼働可能にする。

 Webサービスベースのサーバ管理については、Novellとオープンソースコミュニティーが協力し、Microsoftらが共同提案した管理用Webサービス規格「WS-Management」のオープンソース実装開発に取り組んでいる。Novell ZENworks OrchestratorとMicrosoft System Center Operations Manager 2007が、2007年中にWS-Managementをサポートする見通しだ。

 ディレクトリとIDについても、標準ベースのプロトコルを使って相互運用性を強化し、Novell eDirectory、Microsoft Active Directoryのいずれにおいてもアクセス管理を改善するとしている。これに関しては2007年上半期中に詳細なロードマップを明らかにする予定。

 文書フォーマットの互換性については、Microsoftが2月2日に、Microsoft Word 2007、Word 2003、Word XP用のOpen XML/ODF Translatorを発表。Novellは2月末に、OpenOffice.orgのNovell版用Open XML/ODF Translatorをリリースする予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ