インタビュー
» 2007年04月04日 07時00分 公開

企業力を高めるモバイルソリューション:モバイルブロードバンドで企業ニーズに応える――イー・モバイル (1/3)

携帯電話業界としては13年ぶりの新規事業者となるイー・モバイル。高速データ通信に特化した同社のサービスは、企業のモバイル活用でも大いに注目されるところだ。第3回は、モバイルサービスの変革を目指すというイー・モバイル営業本部長の高島謙一執行役員に聞く。

[國谷武史,ITmedia]

 定額制高速データ通信という新たな特色で携帯電話市場に参入したイー・モバイル。コンシューマ市場だけでなく、ビジネス市場でも同社の登場は大いに注目される。新規参入企業に向けられた期待に対し、どのように応えていくのか。営業本部長の高島謙一執行役員に聞いた。

ITmedia 携帯電話各社が音声とデータ通信サービスを行う中で、なぜデータ通信をサービスの主軸にされたのでしょうか?

高島謙一執行役員

高島 当社の母体のイー・アクセスは、ADSLで固定通信のブロードバンド普及を推進してきました。固定のブロードバンド通信が普及した今、次に取り組むべき領域が移動通信のブロードバンド化です。固定でブロードバンドサービスを提供していますので、モバイルでデータ通信を提供するというのは当社にとって自然の流れでした。

ITmedia モバイルデータ通信の需要はどれほどあるのでしょうか?

高島 法人でもコンシューマでも非常に高いと見ています。コンシューマでは主にPHSが利用されていますが、やはり通信速度の面で限界があります。当社のサービスは下りで3.6Mbpsの通信速度を提供できますので、新たな需要を喚起できるでしょう。また、学生や単身赴任者のように固定の電話回線を持たない人も増えていますね。そういった方に、契約当日から利用できる携帯電話の高速データ通信サービスはとても有効な手段になると考えています。

 企業にとっても情報活用が欠かせない時代でありながら、これまでモバイルのデータ通信利用が進んでいませんでした。やはり、高額な通信コストや通信速度の面でビジネスシーンに求められるサービスがあまり無かったからだと思います。当社のサービスは、このようなニーズに応えられると思いますので、企業とコンシューマの双方でユーザーを獲得したいと考えています。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -