ニュース
» 2007年04月23日 18時20分 公開

1台でビジネスとプライベートを使い分け、NTTドコモが904iシリーズを発表

NTTドコモがFOMA 904iシリーズを発表した。1台で2つの電話番号とメールアドレスを使い分ける「2in1」サービスに対応し、仕事とプライベートを切り替えて利用できる。

[國谷武史,ITmedia]

 NTTドコモは4月23日、FOMAの最新モデル「904i」シリーズ5機種を発表した。1台の端末で2つの電話番号とメールアドレスを使い分ける「2in1」サービスに対応する。

903iから大幅バージョンアップで「903iS」ではなく「904i」となった。904iの次は「905i」になるという

 今回発表されたのは、D904i(三菱電機製)、F904i(富士通製)、N904i(日本電気製)、P904i(松下電器製)、SH904i(シャープ製)の5機種。いずれも5月〜6月(P904iは6月)の発売を予定する。前回発表の903iシリーズから大幅な仕様変更がなされたため、シリーズ名を「903iS」とはぜず「904i」となった。

 904iシリーズ最大の特長が、1台の端末で2つの電話番号とメールアドレス、電話帳データなどを使い分ける2in1サービスだ。従来のようにプライベート用と仕事用として2台の端末を持ち歩くことなく、1台の端末で異なる番号の発着信、メールの送受信、電話帳管理、リダイヤルデータを利用することができる。

2つの番号とアドレスが使える2in1。今の契約プランをベースに、異なる番号とアドレスも使えるといったイメージだ

 2in1サービスは月額945円(税込み)で、ドコモショップや家電量販店などで申し込めば、利用中の電話番号とメールアドレス(Aモード)とは異なる電話番号とアドレス(Bモード)が割り当てられる。Bモードを利用した場合の各種料金は、Aモードの契約プランが適用される仕組みとなっている。

 AモードとBモードは、端末に暗証番号を入力して切り替えることができ、2つのモードを同時利用(発信時はいずれかの番号、アドレスを選択)するデュアルモードも選べる。どちらか一方のモードを利用している場合は、もう一方のモードのデータを参照できず、セキュリティも確保されているという。

リッチコンテンツがさらにリッチに

 904iシリーズでは、iアプリや音楽、映像コンテンツが大幅に進化している。iアプリでは、キー操作だけでなく端末本体を傾けて操作する「直感ゲーム」が登場。68タイトルのリリースが予定されている。

 また、楽天オークション用の「楽オク出品アプリ」、みずほ銀行や三井住友銀行のインターネットバンキングに対応した「iアプリバンキング」がプリインストールされている。

「904iで反撃に打って出る」と宣言した夏野執行役員。番号ポータビリティで他社に奪われたユーザーを奪い返す意気込みだ

 音楽サービスでは、月額1980円でナップスターの音楽配信サービスが使い放題となる「うた・ホーダイ」が登場。また、904i全機種で「Windows Media Audio」(WMAフォーマット)に対応し、PCとコンテンツを相互利用できるようになった。映像サービスは、1コンテンツ当たりのデータサイズが最大10MBまでとなり、5分程度のミュージックビデオや映画予告編などが楽しめるという。

 NTTドコモの夏野剛執行役員は、「世界の携帯電話オペレーターがすぐには真似のできないサービスで、904iからNTTドコモの攻勢が始まる」と宣言した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -