ニュース
» 2007年07月17日 11時31分 公開

Office Tips:Wordでのグラフの作り方

Office Tips:Word 2007では、Excel 2007を呼び出してグラフを作成する仕様になった。Excel上で編集すれば、Wordのグラフも連動して変化する。

[井上健語(ジャムハウス),ITmedia]

 Word 2007が備えるグラフ機能は、前バージョンのWord 2003とは大幅に変わった。具体的には、Excel 2007を呼び出してグラフを作成する仕様に変更されている。このため、グラフの元になる表もExcel 2007で作成する必要がある。

 [挿入]タブの[図]グループで[グラフ]ボタンをクリックすると、[グラフの挿入]ダイアログボックスが開く。ここでグラフの種類を指定して[OK]ボタンをクリックすると、Excel 2007が起動し、仮のデータを元にしたグラフが作成される。Excel上でデータを変更すれば、グラフも連動して変化する仕組みだ。

 Excel 2007上ではグラフ化される範囲が青い枠が示される。この枠は右下をドラッグすれば変更できるので、表を変更した場合は、青い枠も変更してグラフ化する範囲を指定することになる。なお、最初に表示される表にデータを追加すれば、自動的に青い枠も広がる仕様となっている。

 ただし、以上の動作は、あくまでExcel 2007とWord 2007がともにインストールされている場合だ。Excel 2007がインストールされていない場合は、従来と同じ「Microsoft Graph」が起動する。また、Word 2007が互換モードで動作している場合も、[グラフ]ボタンのクリックで「Microsoft Graph」が起動する点には注意してほしい。

グラフの挿入 [グラフ]ボタンをクリックすると、[グラフの挿入]ダイアログボックスが開く。グラフの種類を指定して[OK]ボタンをクリックする
グラフ作成 Excel 2007が起動し、仮のデータを元にグラフが作成される
データ編集 Excel 2007でデータを編集してグラフを完成させる
Microsoft Graph Excel 2007がインストールされていない場合、およびWord 2007が互換モードで動作している場合は、「Microsoft Graph」が起動する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -