ニュース
» 2007年09月06日 19時07分 公開

「機能は追加でなく削るもの」――ネットスイート、統合業務アプの新バージョン

ネットスイートは、CRM、ERP、Eコマースを統合したSaaS型の業務アプリケーション「NetSuite」の新バージョンを発表した。業務プロセスを自動化する機能を100以上搭載した。

[藤村能光,ITmedia]

 ネットスイートは9月6日、CRM、ERP、Eコマースを統合した業務アプリケーションをSaaSとして提供する「NetSuite」の最新バージョン「NetSuite 2007.0」日本語版を発表した。業務プロセスを自動化するための機能が100以上搭載されている。価格は未定。

 「高度な統合業務アプリケーションを、分かりやすくシンプルに導入できる。導入後は、ブラウザ環境から詳細な機能までカスタマイズが可能」――同社の営業・マーケティング本部の高沢冬樹本部長は、NetSuiteの強みをこのように述べた。

alt 左:松島努氏、右:高沢冬樹氏。松島氏は2007年8月29日にネットスイートの代表取締役社長に就任した

 NetSuite 2007.0は、中小企業やフランチャイズなど、IT化が進んでいない企業向けの統合スイート製品。これらの企業で障害となる導入や設定などを簡単にする「ネットスイートアシスタント」が追加された。具体的には、Ajaxを取り入れ、操作性を向上させた。また、画面に表示される対話型の誘導に従うことで、初期設定やデータの入出力、帳票設計などが容易に行えるようになった。

 また、NetSuite 2007.0は、見積もりや受注、料金の請求、顧客サービスなどビジネスにおける一連の流れに必要なデータを、1つの統合データベースで管理できる。各工程に別々のシステムを導入して管理するデータウェアハウスのような複雑さを伴わない。

 さらに、日本語版では、顧客ごとの請求書を月ごとに一括して発行したり、取引入力に必要な日付を和暦で表示できるなど、日本のユーザーにとって使いやすい機能が追加された。

alt NetSuite 2007.0の画面

 他社のSaaS製品との違いについて、同社の松島努代表取締役社長は「ERPやCRMなどに特化したソリューションは、導入後の拡張性に乏しく、新たに機能を追加する場合、コストが余計に掛かる。NetSuiteは、それらの機能をトータルで提供するため、TCO削減の面で優位性がある。例えるなら、他社製品は必要な機能をその都度追加しなければならないのに対し、われわれの製品はあらかじめ用意された100以上の機能から不必要なものを削り、必要なものを残していくもの」と説明した。

関連キーワード

CRM | ERP | SaaS | 業務プロセス


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ