ニュース
» 2007年10月02日 21時50分 公開

トラステッドソリューションズ、秘密分散法の新型ライブラリを発表

トラステッドソリューションズは、従来の秘密分散法に比べて柔軟な利用形態に対応した新型秘密分散法のライブラリを発表した。

[ITmedia]

 トラステッドソリューションズは10月2日、分割・暗号化したデータを個別に管理するセキュリティ対策技術「秘密分散法」の新型ライブラリ(バージョン3.0)を発表した。従来の方法に比べ、柔軟な利用形態を可能にするという。

 新型ライブラリは秘密分散の処理系が改善され、特に復号処理は従来に比べて25%効率化された。また、ファイルベースからストリームベースに変更されたことで通信データなどを直接処理できるようになったほか、個別ファイルだけでなくディレクトリ全体の秘密分散処理にも対応する。

 このほか、Windows環境ではタイムスタンプやファイル属性の記録と復元が可能になった。上級APIを利用し、秘密分散処理を行ったデータに独自の属性を記録したり、独自のデータフォーマット内へ埋め込む、分散・復元処理の進捗状況の表示や中断などの操作ができるという。

 トラステッドソリューションズでは、新型ライブラリを自社サービスに実装するとともに、単独製品としての販売も検討している。

関連キーワード

暗号化 | セキュリティ対策


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ