ニュース
» 2007年11月22日 11時24分 公開

Windows Mobileスマートフォンを便利に:Internet Explorer Mobileを最適化しよう

Windows Mobileに標準搭載されているInternet Explorer MobileでのWeb閲覧を快適にしてみよう。

[福島幹雄,ITmedia]

 今回は、Windows Mobile に標準搭載されているWebブラウザ「Internet Explorer Mobile(IE Mobile)」の設定を2つ紹介しよう。1つ目は、文字を奇麗に表示する「クリアタイプ設定」だ。

 まず下の画像を見てほしい(画像)。上側は標準設定の表示で、下側がクリアタイプを有効にした状態での表示だ。クリアタイプを有効すると、シャギーのかかっていない滑らかな文字が表示される。設定方法は簡単なので、ぜひこのようなきれいな文字表示をしていただきたい。

画像1。上が標準設定、下がクリアタイプ設定

 設定方法は、Pocket の手を起動して「IE Mobile設定」をタップし、開いた画面のリストにある「IE でクリアタイプ表示する」にチェックを入れよう(画像2)。これだけで完了だ。あとはIE Mobileを再起動すれば、文字が奇麗なクリアタイプで表示される。

画像2

 そして、もう1つの設定はブラウザのキャッシュ上限設定だ。IE MobileでWebブラウジングすると、閲覧したページや画像などがメモリに保存されていく。これは「キャッシュ」と呼ばれるもので、一度ダウンロードした画像を保存し、再度画像を閲覧するときにメモリに保存されている画像を呼び出すことで、画像の表示時間の短縮を図るものだ。

 しかしWebブラウジングをしていると、すべてメモリに保存されていくので、いつの間にかメモリ容量がキャッシュでいっぱいになってしまう。キャッシュが溜まれば逆に読み出しに時間がかかるため、適切な上限値を設定しておこう。この設定を行うには、「IE Mobile設定」の画面右下のメニューから「キャッシュ」を選択し、表示された画面のキャッシュ保存上限で数値を上下させて設定する(画像3)。頻繁に閲覧するWebサイト数によるが、2048〜5120Kバイト(約2〜5Mバイト)程度に設定しておけば良いだろう。

画像3

作者:福島幹雄氏

携帯電話を中心とした無線通信分野のハードウェア、ソフトウェア開発を行うドルフィンシステム代表取締役。現職以前は、Linuxサーバの企画開発、W-CDMA/HSDPAの研究開発用測定器の開発プロジェクトにてマネジメントを経験。


関連キーワード

スマートフォン | Windows Mobile


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -