ニュース
» 2007年12月12日 17時41分 公開

PC用画像も携帯Flashへ――NTTレゾナントが新サービス

NTTレゾナントは、PCサイトやモバイルサイトで使用されている画像をFlashデータ化する企業向けコンテンツ変換サービスを開始した。

[ITmedia]

 NTTレゾナントは12月12日、コンテンツ制作のユーリテクノスと共同で携帯電話用サイトのFlash画像データを生成するサービスを開始した。既存の画像を動きのあるFlashデータに変換し、表現力の高いサイトを構築できる。

 同サービスは、ユーリテクノスのFlash変換技術を利用し、複数枚の画像データからFlash Liteデータを生成する。Flash Liteは、動きの伴ったさまざまな画像を表示でき、PCに近い表現を可能にする。

 生成されたデータは、画面サイズが異なる携帯電話でも閲覧できる。PCサイト用の画像データにも対応する。画像内部へのリンク設定ができ、例えば地図のFlashデータでスクロール操作をしながら店舗情報ページへアクセスするといった利用の仕方がある。

 Flash Liteバージョン1以上に対応した携帯電話であれば、同サービスで生成されたデータを表示できる。携帯電話サイトを運営する企業は、既存の画像データを活用して高品質な表現を自社サイトに導入できる。利用料金は、初期費用10万円のほか、月額料金が5万円(月間25万アクセスまで)から。作成可能なデータ数などについては相談に応じるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -