ニュース
» 2008年01月15日 19時22分 公開

Mac OS Xユーザーにとって不満の残る「Office 2008」 (3/4)

[Tiffany Maleshefski,eWEEK]
eWEEK

優れた再現性

 おそらくファイルフォーマットの互換性は、はるかに安価なiWork '08や完全に無償の「OpenOffice 2.3」よりもOffice 2008をIT部門が選択する最大の理由であろう。これらの非Microsoftアプリケーションと比べると、Office 2008はWindows版Microsoft Officeのドキュメントとの親和性がはるかに高いことが分かった。

 Office 2008 for Macのファイル変換の再現性をテストするため、筆者は昨年のiWork '08のレビュー(下記のリンク参照)でiWorkのプレゼンテーション/ワープロ/表計算アプリケーションをテストするのに使ったのと同じファイルグループを使用したが、前回のテストで遭遇したようなフォーマット問題は一切起きなかった。

Apple iWork 08 Provides Simple But Solid Spreadsheet App

Apple's Pages 08 Is All Grown Up

Apple's Keynote 08 Delivers Simple Sophistication

 さらに、Office 2007のOOXMLドキュメントのテストも行ったところ、従来のバイナリフォーマットのテストの場合と同じく、新しいOOXMLファイルはOffice 2008でも問題なく利用できた。Office 2007と同様、OOXMLはOffice 2008でもデフォルトのフォーマットになっているが、従来のフォーマットでドキュメントを保存するオプションも用意されている。Microsoftによると、Office 2004ユーザーがOOXMLファイルを扱うためのコンバータは、Office 2008が店頭に並んでから約8週間後に提供する予定だとしている。

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

注目のテーマ