連載
» 2008年06月11日 08時00分 公開

シゴトとアソビの境界線――持ち込みオモチャをどこまで許すの?悲しき女子ヘルプデスク物語(2/4 ページ)

[鐙貴絵,ITmedia]

シャカシャカ音は気になるし、電話がかかってきても出ないのかな

 わたしが勤務している会社では、音楽CDを聞きながら仕事している人なんて、まずいない。それに、そんなことが許されるような雰囲気でもない。その一方で、ラジオがかかっている小さな事務所もあれば、オフィス内に静かな音楽が流れているような職場もある。仕事の内容や環境、あるいは社風にもよるのだろうけど、「音楽を聞きながら仕事をする」というのは、世間的には何処まで許されるのかしら?

 そもそも会社に私物の音楽CDを持ち込むっていうこと自体、どうなんだろう。音楽を聞きながら仕事をするほうが集中できる、という理由があればいいのかな。大音量でかけたら迷惑だけど、ヘッドフォンをして小さな音で聞くのなら許されるのだろうか。

 でも、他人のヘッドフォンから聞こえてくる「シャカシャカ音」は不快なものだし、電話がかかってきたときとか、誰かが呼んだ時に聞こえないのはマズイと思う。そもそも、会社のPCで音楽を聞くということは、会社の電気を盗んでいることになりはしないか? PCは仕事をするために通電しているんだし。

 音楽CDだけではなく、会社に個人所有物を持ってくるのって、どの程度まで許されるんだろう。マグカップやらひざかけやら、家族の写真など、挙げればキリがない。よし、IT関連のアイテムにしぼって考えてみよう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ