ニュース
» 2010年03月11日 08時00分 公開

ITmedia リサーチインタラクティブ 第5回調査:Google Appsへの期待が鮮明に――変わる企業の情報共有基盤 (2/2)

[藤村能光,ITmedia]
前のページへ 1|2       

利用形態のシフト、鮮明に

 コラボレーション/コミュニケーションツールの利用形態を聞いたところ、現在は70.2%がサーバを設置する自社運用型のシステムを構築している。将来も自社運用システムを利用する企業は39.0%にとどまった。

 一方、クラウドサービスを代表とする社外サービスの利用は、現在は11.2%と少ないももの、将来利用すると答えた企業は26.8%になった。情報共有基盤の利用形態が「所有」から「利用」にシフトしている様子が伺えた。

コラボレーション/コミュニケーションツールの利用形態 コラボレーション/コミュニケーションツールの利用形態(有効回答数213件) 出典:ITmedia リサーチインタラクティブ/ITR(2010年3月)

社内Wikiの導入進む、今後はTwitterが台頭

 その他のコラボレーション/コミュニケーションツールの利用状況では、「社内Wiki・掲示板」が37.2%でトップ。「インスタントメッセンジャー」「社内SNS」「社内ブログ」は2割強、「Twitter・社内Twitter」は9.8%で1割未満だった。

 将来利用したいツールとしては社内Wiki・掲示板が23.7%でトップ。Twitter・社内Twitterが21.4%で続いた。Twitterなどのマイクロブログの利用を予定している企業が2割強に上るなど、情報共有における新たな選択肢が生まれていることが分かる。

その他のコラボレーション/コミュニケーションツールの利用状況 その他のコラボレーション/コミュニケーションツールの利用状況(有効回答数215件) 出典:ITmedia リサーチインタラクティブ/ITR(2010年3月)

ITmedia リサーチインタラクティブでは第6回読者調査「DBMS(データベース管理システム)」を3月25日まで実施しています。




前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ