ニュース
» 2010年10月01日 15時52分 公開

導入事例:福岡県の糟屋南部3町でNECの自治体クラウドが稼働

福岡県の宇美町、志免町、須恵町でNECの自治体クラウドが稼働。コスト削減と事業継続性強化を見込む。「福岡県内の他の自治体の参加も期待される」(NEC)という。

[石森将文,ITmedia]

 福岡県の糟屋南部3町(宇美町、志免町、須恵町)は「住民情報」「財務会計」などの基幹業務システムをクラウドに移行した。構築を担当したNECとBCCが、10月1日に公表した。

 この自治体クラウドは、NECの自治体向け基幹業務パッケージ「GPRIMEシリーズ」を、BCCがデータセンターソリューションとして提供することで実現した。GPRIMEは糟屋南部3町向けにカスタマイズされており、基幹業務に付随する帳票出力や出力した帳票の配送サービスも提供する。これにより職員の業務負荷が軽減され、基幹システムにかかるトータルコストを約40%削減できるという。また住民情報などの重要なデータはデータセンターに置かれるため、災害時における事業継続性の強化も見込む。

 今回、カスタマイズの範囲を可能な限り限定しつつ、複数の自治体が標準化されたクラウドサービス基盤を利用する(NECのクラウド分類では“共同センタ型”に該当する)ことで、NECでは「今後、福岡県内の他自治体が本クラウドに参加することも期待される」としている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ