ニュース
» 2013年06月07日 17時06分 公開

2017年のネット人口は世界の48%に――Ciscoが予測をアップデート

CiscoのIPトラフィックのトレンド分析レポート最新版によると、2012年から2017年に世界のインターネット プロトコル(IP)トラフィック量は3倍に増加して、1.4ゼタバイトに達するとしている。

[ITmedia]

 米Cisco SystemsがIPトラフィックのトレンドを分析したレポートの最新版「Cisco Visual Networking Index Forecast (2012-2017)」を発表した。2017年までに年1兆Gバイトを超えるペースでトラフィック量が増加し、固定とモバイルを合わせて1.4ゼタバイトに達すると予測している。

 レポートによれば、2017年の月間トラフィック量は、2012年の約44エクサバイトから約121エクサバイトに増える見込み。これはDVDで300億枚、MP3の楽曲で28兆曲、テキストメッセージで75京件に相当する。ユーザーの生成するビデオ量も、2017年には月間で3兆分間に達し、毎秒2年分以上に相当する120万分間のビデオが生成されるという。2012年から2017年にかけて予想される主な変化は次の通り。

項目 2012年 2017年
世界のインターネットユーザー 23億人(世界人口の約32%) 約36億人(48%)
1世帯平均の月間トラフィック 31.6G 74.5Gバイト
世界のネットワーク接続デバイス 約120億台 190億台超
固定ブロードバンドの平均速度 11.3Mbps 39Mbps
インターネットビデオユーザー(モバイルのみを除く) 10億人 20億人

 PC以外のデバイスによるインターネットトラフィックの割合は、2012年の26%から2017年は49%に拡大する。年平均増加率はPCで14%だが、テレビでは24%、スマートフォンでは79%、M2Mモジュールでは82%、タブレットでは104%となっている。

 同社は今回の調査結果で、「物理的なモノがインターネットに接続される『Internet of Things』が目に見えて拡大し、数字の上でも世界のIPネットワークに影響を与える存在となっていくことが明らかになった」と総括する。

 特にM2Mは、接続型機器の台数が20億台から60億台へと3倍に増加し、トラフィック量全体に占める割合も0.5%から3%に急拡大するという。ビデオ監視やスマートメーター、アセット/荷物追跡システム、ペットや家畜の埋め込みチップ、デジタル健康監視装置といったM2Mサービスがトラフィックの拡大を促進させると分析している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ