ニュース
» 2018年09月18日 11時01分 公開

SpaceXで初の月周回旅行をするのはZOZOTOWNの前澤友作氏

SpaceXが2023年に計画している初の月周回旅行の乗客を発表した。ファッションECサイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長だ。同氏はすべての座席を買い占め、世界中のアーティストを招待するという。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米宇宙開発企業SpaceXは9月17日(現地時間)、新設計の宇宙船BFR(Big Falcon Rocket)による一般乗客を乗せた月の周回旅行の乗客を発表した。

 bfr 1 飛行中のBFRの予想図

 初の乗客は、ファッションECサイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長。すべての座席を買い占めたという。

 発表イベントでイーロン・マスクCEOがBFRについて説明した後、前澤氏を紹介。前澤氏は自己紹介し、最初のフライトの座席をすべて買い占めたと発表。

 brf 2

 前澤氏は、買い占めた座席を世界中のアーティストに提供するという。#dearMoonプロジェクトで、6〜8人のアーティストを2023年の月旅行に招待する。画家や音楽家、映画監督、建築家、写真家などに声を掛けるという。

 初の月旅行は2023年になる見込み。4〜5日間かかり、月には着陸せず、周回したら地球に戻る。

 BFRの全長は118メートルで、重さは燃料満タンで100トン以上。宇宙船部分の長さは尾翼も含めて55メートル。エンジンは7機でAFTカーゴを搭載する。マスク氏によると、製造コストは「50億ドルくらいかな」。

 bfr 3 全長(上)と宇宙船部分(下)

 今回は月に着陸はしないが、BFRはどんな環境(空気があってもなくても)着陸できるよう設計したとマスク氏は説明した。SpaceXは将来的にはBFRで火星に人を運び、コロニーを作る計画だ。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ