ニュース
» 2018年10月30日 11時32分 公開

Evernote、オニールCEO退社 後任は外部からのイアン・スモール氏

Evernoteのクリス・オニールCEOが退社し、後任にはEvernoteに出資するSequoia CapitalのポートフォリオにあるTokBoxのCEOだったイアン・スモール氏が指名された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Evernoteは10月29日(現地時間)、CEO交代を発表した。2015年にCEOに就任したクリス・オニール氏が退社し、後任には起業家で7月まで米TokBoxの会長を務めていたイアン・スモール氏が就任した。

 evernote Evernoteの新CEO、イアン・スモール氏

 発表はスモール氏による公式ブログという形で行われた。オニール氏の退社理由や今後の予定などについては触れていない。オニール氏は今のところ公式Twiterアカウントで何もツイートしていない。

 オニール氏はEvernote創業者のフィル・リービン氏の後任としてCEOに就任した。リービン氏は当時、オニール氏はEvernoteのIPOを任せられる人材だと語っていた。Evernoteはまだ株式公開していない。

 evernote 2 前CEOのクリス・オニール氏(左)と創業者のフィル/リービン氏

 スモール氏はLinkedInによると、米AppleではVR関連のエンジニアを務めた後、幾つかのネット系企業の幹部やCEOを歴任し、2014年から今年8月までSequoia Capitalなどが出資するPaaS企業TokBoxのCEOを務めていた。Sequoia CapitalはEvernoteにも出資している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -