ニュース
» 2019年06月07日 07時00分 公開

国内の企業向けIT市場、「クラウドファースト」の勢いで2023年に約12兆円規模へ――IDC予測

IDC Japanによると、国内エンタープライズIT市場は、2018年から2023年まで年間平均成長率(CAGR)3.4%で推移し、2023年には11兆9983億円の市場規模になるという。「データ駆動型ビジネス/デジタルトランスフォーメーション(DX)」に対するIT投資が拡大し、市場成長を促進すると分析する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2019年6月4日、国内エンタープライズIT市場の予測を発表した。

 2018年の国内エンタープライズIT市場規模は、前年比4.2%増の10兆1441億円となった。2018〜2023年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は3.4%で推移し、2023年の市場規模は11兆9983億円になると予測している。

 現在、国内エンタープライズIT市場は、従来型ITからクラウドへの移行が加速しており、クラウドの用途は、「ITのリプレイスメント/ビジネスの効率化」から「データ駆動型ビジネス/デジタルトランスフォーメーション(DX)」へと拡大。これらが、国内エンタープライズIT市場の成長を促進する要因になっていると分析する。

加速する企業の「クラウドファースト」、競争力を高める投資先は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -