ニュース
» 2019年07月05日 10時30分 公開

国内企業の事業部門によるIT支出、2022年まで徐々に成長の見込み IT部門との垣根はなくなる!?――IDC調べ

IDCによると、国内企業のLOB(事業/業務)部門による2019〜2022年のIT支出はプラス成長の見込みで、銀行、組立製造、個人向サービスなど、9分野で投資増加が予測されるという。一方、IT部門による投資はマイナス成長に転じた。将来的にはLOB/IT部門の垣根がなくなる予兆だという。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2019年7月4日、国内IT市場における企業のLOB(Line of Business:事業/業務)部門によるIT支出について、2019〜2022年の動向を、産業分野別、職務機能別などで分析した結果を発表した。

イノベーションアクセラレーターや第3のプラットフォーム技術の活用がLOB支出を後押し

 産業分野別では、LOB部門によるIT投資が積極的に行われると見込まれるのは、銀行、保険、組立製造、プロセス製造、個人向サービス、運輸、メディア、公共/公益、情報サービスであることが分かった。

Photo 国内IT市場の産業分野別の支出額予測、2018〜2022年(Source:IDC Japan, 7/2019)

 この背景には、金融機関で業務効率化を目指したRPA(Robotic Process Automation)やFinTechサービスが本格活用され始めていることや、電力やガスの小売自由化を受けた顧客向けサービスの拡充にITを活用する動きが目立ち始めていることがあると分析している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -