ニュース
» 2019年08月13日 10時00分 公開

年間数千件の海外出張、手配と経費精算を効率化へ――国際協力機構、コンカーの出張・経費管理クラウド活用で実証実験

国際協力機構(JICA)は、出張・経費管理業務の効率化とコスト削減に向けた実証実験を開始。コンカーの出張管理クラウド「Concur Travel」と経費精算・管理クラウド「Concur Expense」を導入し、海外出張の手配から経費精算までの効率化と経費削減を図る。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 コンカーは2019年8月9日、独立行政法人国際協力機構(JICA)の出張・経費管理業務のプロセス改革を目的とした実証実験を開始すると発表した。

 年間数千件発生するというJICAの海外出張の手配業務にコンカーの出張管理クラウド「Concur Travel」を、出張精算に経費精算・管理クラウド「Concur Expense」を導入し、業務効率化とコスト削減を目指す。

 併せて、紙の申請書や領収書、添付書類などを電子化し、業業務プロセスの効率化やペーパーレス化の有効性を検証する他、海外出張で発生する航空券のコストを分析し、さらなるコスト削減施策の可能性も検証する。

出張手配から経費精算までの統合管理で業務プロセスを効率化

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -