ニュース
» 2019年11月01日 08時00分 公開

エンドツーエンドの自動化支援やAI機能を強化:RPAプラットフォーム「UiPath」の最新版発表、2019年11月から提供へ

RPAプラットフォーム「UiPath」の最新版が発表された。「UiPath Explorer」「UiPath Apps」「UiPath Insights」などの製品ファミリーを追加し、エンドツーエンドの自動化プロセスをサポートする新機能やAI関連機能を強化。自動化プログラムの迅速なスケールアップが可能になる。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 UiPathは2019年10月30日、RPA(Robotic Process Automation)プラットフォーム「UiPath」の最新版を発表した。

 最新版では、エンドツーエンドの自動化プロセスをサポートする新機能やAI関連機能を強化し、より複雑かつ対人的な業務の自動化に対応する。RPA化のプランニング、開発、実行管理、評価、エンゲージメントといった自動化のライフサイクルをサポートするなど、製品ポートフォリオも拡充した。

 これにより、自動化プログラムの迅速なスケールアップが可能になる。また、エンタープライズユーザー向けのコアアプリケーションとして自動化を提供することで、ユーザーの技術レベルに関係なく、自身の業務を短時間で自動化できるようになるという。

「UiPath Enterprise RPA プラットフォーム」の最新機能とは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ