ニュース
» 2019年12月17日 07時00分 公開

南阿蘇の雄大な景色を360度VRライブ映像で“飛行体験” 5GドローンとVRゴーグルを活用――KDDIら、VR観光の実証実験

KDDI、熊本県阿蘇郡南阿蘇村らは、5G対応のドローンを活用し、南阿蘇の景色や震災遺構を眺望できるVR観光の実証実験を実施した。360度カメラの映像をVRゴーグルにリアルタイムで伝送し、阿蘇山の全景などのライブ映像を見られる他、4Kカメラの高精細映像を見ながらドローンの操縦もできる。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 KDDI、東海大学、エア・カメラ、熊本県阿蘇郡南阿蘇村は2019年12月13日、5Gに対応した2機のドローンを活用し、南阿蘇地域の観光スポットをドローン視点で自由に“飛行体験”できる新たな観光サービスの実証試験を実施したと発表した。

Photo 実証実験の様子
Photo ドローンからVRゴーグルに伝送した360度VR映像。中央付近に表示された文字はライブ映像と事前撮影した観光スポットの映像を切り替えられるポータル機能のもの

 熊本県の南阿蘇地域は、阿蘇山や絶滅危惧種ハナシノブの群生地などの観光スポットや、熊本地震の震災遺構を有する。中には、火口付近のガス濃度や火山活動の状況によって入山規制される阿蘇山の一部地域や、崩落の危険がある震災遺構など、人が立ち入れないエリアも含まれる。ドローンによるVR映像を活用することで、これらの地域を含めて、観光資源として活用できる他、災害時の状況把握や防災・減災対策に応用できるとしている。

5Gドローンによる360度ライブ映像で実現するVR観光の仕組み

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ