ニュース
» 2020年02月21日 11時00分 公開

浜松市役所、AIで支出業務を効率化 年間1万件あった「伝票の差し戻し」をなくした方法とは

静岡県浜松市は、富士通のAIを活用し、市役所における支出業務の決裁・審査プロセスの効率化を図る。起案部門による支出命令伝票の決裁にAIを適用し、出納審査部門の審査前に確認項目や不備をチェックすることで、年間1万件以上発生していた差し戻しの発生を防止する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 富士通は2020年2月20日、静岡県浜松市と共同で、年間約30万件に及ぶ支出命令伝票を確認する市役所の支出業務における決裁・審査にAIを活用する実証実験を2019年6月から12月まで実施し、年間で最大約1597時間の業務時間の削減が見込めることを確認したと発表した。

Photo 支出業務における決裁・審査業務の流れと内容不備を検知するAI機能

AI活用で、年間1万件起こっていた伝票の差し戻しをなくした方法とは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ