連載
» 2020年02月26日 07時00分 公開

Microsoft Focus:オフィス家具をIoT化、オカムラが目指すオフィス家具ビジネスの新しい形 (1/2)

オカムラは、オフィスを作ったらそれで終わりという売り切りビジネスをIoTを使って転換しようとしている。「OKAMURA Office IoT構想」でオカムラが目指す先とは。

[大河原克行,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 2020年2月6日、東京・有明の東京コンファレンスセンター有明で、日本マイクロソフトはグローバルイベント「IoT in Action Tokyo」を開催した。同イベントの基調講演でオフィス家具メーカーのオカムラが、オフィス家具IoTサービスモデル「OKAMURA Office IoT構想」を発表した。

 OKAMURA Office IoT構想は、オフィス家具をIoT(Internet of Things)化して新たなビジネスモデルの創出を目指すもので、クラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」(以下、Azure)をデジタルトランスフォーメーション(DX)の基盤として活用する。日本マイクロソフトはシステム構築における技術およびマーケティング活動を支援し、サトーが次世代RFIDをはじめとしたセンサー関連などの自動認識ソリューションを提供するという。

 オカムラはOKAMURA Office IoT構想で、「オフィスを作ったらそれで終わり」という売り切りビジネスからの転換を目指すことになる。創業75年を迎える老舗企業のDXの好例といえるだろう。

 本稿では日本マイクロソフトのIoT分野の取り組みとOKAMURA Office IoT Platform構想について紹介する。

IoTが、日本が抱える課題解決の糸口に

 「IoT in Action」は2017年から全世界で開催され、2020年は世界33都市で開催と年々規模を拡大している。日本では3回目の開催となり、2020年3月11日には大阪での開催を予定している。

 IoT in Action Tokyoでは、インテリジェントエッジ(デバイス)とインテリジェントクラウドを連携させた最新ソリューションやパートナーエコシステムの取り組み、「Azure IoT」を活用して顧客のDX推進を支援する事例などが紹介された。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ