特集
» 2020年03月25日 07時00分 公開

進むIaaS活用 強いセキュリティの実現術:「クラウド=絶対安全」ではない――IaaS使用時に知っておくべき2つのこと (1/2)

「IaaSを使うだけで企業データを守り切れるわけではない」――どのようにすれば守ることができるのか。IaaS利用時に注目すべき2つのトピックとは。

[宮田健,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 クラウドセキュリティを考える上で「IaaS(Infrastructure as a Service)を使うだけで守り切れるわけはない」という考え方は重要だ。とはいえ、オンプレミスと比べると取れる手段が増え、使いようによっては安全になるというのも間違いではない。

 今回はクラウドを利用したサービスにおける緊急対応や診断などを手掛けるセキュリティベンダーのラックに、クラウドをより安全に使うためにはどのようなことを実施し、どのようなことを考えるべきかを聞いた。IaaSを使う上でチェックすべき、また見逃してはならないポイントとは。

「守り切れるはずがない」という前提で考えるクラウドセキュリティ

ラックの原子 拓氏

 今回、ラックの原子 拓氏(SSS事業統括部 担当部長)と渡辺正昭氏(金融事業部 サービス第三部 クラウドサービスグループマネジャー)に、IaaSにおけるクラウドセキュリティの現状を伺った。

 原子氏は日本シーサート協議会の運営委員でもあり、インシデントのハンドリングや組織のリスクを追いかけてきた立場として「IaaSを利用しただけで企業を守り切れるはずがない、という前提だ。しかしその上でできることはあり、仲間とともに賢く使えばメリットもある」と語る。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ