ニュース
» 2020年07月21日 14時00分 公開

NEC、済生会中央病院ら、オンライン診療システムの実証実験 「診察予約、診察、会計、処方せん発行」を効率化

NECと東京都済生会中央病院、済生会熊本病院は、次世代のオンライン診療実現に向けた実証実験を始める。新たな病院情報システムとしてオンライン診療と電子カルテを連動し、診察予約や診察、会計、処方せん送付などの流れを一元管理し、医療業務を効率化する。

[金澤雅子,ITmedia]

 NECは2020年7月20日、東京都済生会中央病院(以下、済生会中央病院)と済生会熊本病院(以下、済生会熊本病院)とともに次世代のオンライン診療の実現に向けた共創を開始すると発表した。2020年7月から新たな病院情報システムとして、遠隔で患者と医療機関をサポートする実証を始める。

診察予約から診察準備、診察、会計、処方せん送付まで一元管理、感染症拡大防止に向け

 東京都港区にある済生会中央病院は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止に向けてオンライン診療を導入する。人口の多い都市部の中核病院として、主に外来診療での再診患者のうち、退院後の経過観察や定期モニタリングが必要な患者を対象にオンラインでの診療を実施する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ