ニュース
» 2020年09月09日 07時00分 公開

2020年に印刷される紙は何枚? IDC Japanが調査結果を発表

IDC Japanは、国内オフィス/ホームプリント市場における、ページボリュームの動向を発表した。2019年のページボリュームを、対前年比1.8%減の3168億ページと発表した。2020年はCOVID-19の影響を受け、大きく減少する見込みだ。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2020年9月8日、国内オフィス/ホームプリント市場における、ページボリューム(プリンタや複合機が出力したページ総数)の動向を発表した。

 2019年におけるページボリュームは、対前年比1.8%減の3168億ページだった。製品別に見ると、レーザープリンタ/複合機からの出力は、対前年比2.2%減の2815億ページ。インクジェットプリンタ/複合機からの出力は、同1.6%増の353億ページだった。

国内オフィス/ホームプリント市場 ページボリューム予測:2018〜2024年(出典:IDC Japan)

2020年以降のページボリュームはどうか 家庭用インクジェットでは増加傾向も

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ