ニュース
» 2020年12月03日 07時00分 公開

コストを「約6分の1」に 三井物産が採用したSAP S/4HANAへの移行方式

三井物産が基幹システムを「SAP ERP」から「SAP S/4HANA」に移行した。これまで国内拠点と国内グループ会社でそれぞれ運用していたインスタンスを1つに統合し「Microsoft Azure」で運用する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 SAPジャパンは2020年12月2日、三井物産が同社の基幹システムを「SAP ERP」から「SAP S/4HANA」に移行したと発表した。移行は、基幹システムの運用コストとリソースを削減を目的とする。

 SAPジャパンによると、今回の移行で三井物産はこれまで国内拠点と国内グループ会社でそれぞれ分けて運用していたインスタンスを1つに統合した。動作環境もプライベートクラウドからSAP向けの機能拡充が進む「Microsoft Azure」で運用するという。新しい基幹システムは2020年9月から本稼働を開始している。

コストを「約6分の1」に削減 三井物産が採用した移行手法

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ