ニュース
» 2020年11月12日 14時10分 公開

顧客データの一元化でCXを再定義する――SAPジャパンが新製品をリリース

SAPジャパンは、顧客データ基盤「SAP Customer Data Platform」を発表した。コマース、マーケティング、セールス、サービスにわたる企業プロセスのデータを顧客と結び付けて一元化し、あらゆるチャネルで一貫したCX(顧客体験)の提供を支援する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 SAPジャパン(以下、SAP)は2020年11月11日、顧客データプラットフォーム(CDP)の新製品「SAP Customer Data Platform」を発表した。日本国内では2020年11月中の提供開始を予定している。

 SAP Customer Data Platformは、コマース、マーケティング、セールス、サービスに至るまで、あらゆるエンゲージメントにおけるカスタマーエクスペリエンス(顧客体験:CX)の再定義を支援するCDP。企業プロセス全体のあらゆるデータを顧客に結び付け、個人情報に配慮したリアルタイムな顧客データをあらゆるチャネルで利用できるようにする。

長期的な顧客ロイヤリティーの創出を支援 その仕組みとは?

 企業/ブランドの差別化要因としてCXの重要性が世界中で高まる中、多くの企業がCDPを利用して独自のパーソナライズされたエクスペリエンスを構築し、マーケティングで活用している。ただし、SAPによると、このようにマーケティングに用途を絞り込むことで、CDPの可能性が最大限に生かされていないケースが多く見られるという。

 SAP Customer Data Platformは、関連性の高いタイムリーなマーケティングとともに、コマース、セールス、サービス体験に豊かなコンテキストを追加することで、マーケティングの枠を超えたサービスを提供できるように設計されており、顧客データの収集、管理機能に基づいたパーソナライゼーションを提供する。

 これにより、企業はあらゆるタッチポイントで顧客を把握し、効果的な対話を促進して、長期的な顧客ロイヤリティーを創出することが可能になる。

成功をもたらす顧客データ管理 4つのポイントを紹介

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ