ニュース
» 2020年12月23日 08時00分 公開

複数のクラウド運用における課題は何か IDC調査

IDCが実施したクラウドの国内需要に関する調査によると、企業が複数のクラウドを利用することは一般化しているという。一方で複数のクラウドを統合的に管理している企業の割合は、全体の約20%で「クラウドがサイロ化している」と同社は指摘した。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IDC Japan(以下、IDC)は2020年12月21日、クラウドの国内需要に関する調査結果を発表した。今回の調査は、2020年10月に実施してクラウドを利用中の国内企業452社から有効回答を得た。

 調査によると、企業による複数クラウドの利用が一般化したが、統合的な管理を実現した企業の割合は全体の約20%だった。IDCは、企業において「クラウドのサイロ化が見られる」と指摘する。

国内企業452社が回答 「今後増加するクラウド」とその理由は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ