メディア
ニュース
» 2021年03月06日 08時29分 公開

Chrome「サードパーティーCookie廃止後に別のトラッキング技術は採用しない」

Googleは今回、サードパーティーCookieのサポート廃止後に現在広告業界が取り組みを進めているトラッキング技術を採用することはないと明言した。自社が進めるPrivacy Sandboxが広告業界にもユーザーにとってもメリットがあることを強調する狙いがあるものとみられる。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Googleは2021年3月3日(現地時間)、サードパーティーCookieのサポートを廃止した後、現在広告業界が策定している代替技術に乗り換えることや、またはそうしたトラッキング技術を自社製品で使うことはないと発表した。

 Googleとしては同社が取り組みを進めている「Privacy Sandbox」が広告の目的にもユーザーのプライバシー問題も解決できると考えており、この取り組みに注力することを改めて表明したことになる。

Google charts a course towards a more privacy-first web Google charts a course towards a more privacy-first web

広告業界、他のWebブラウザベンダーの動向と一線を画すGoogleの動き

 広告業界はユーザーに対して効果的な広告を表示させるため、複数のサイトを横断してユーザートラッキングを実施している。

 こうしたトラッキングの代表的な手法がサードパーティーCookieだった。しかし、ユーザーのプライバシー保護を重視するWebブラウザベンダーやその開発プロジェクトチームはサードパーティーCookieのサポート廃止に舵を切っていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ