Digital Business +Design
ニュース
» 2021年04月20日 09時00分 公開

ワークマン、商品の売れ行きに応じて自動発注する新システムを全店舗に導入へ 日立の「AI需要予測型自動発注」を活用

ワークマンは、商品の売れ行きに応じて自動的に最適数で発注する発注業務支援システムを全店舗に導入する。在庫回転率に応じて需要予測と自動補充のアルゴリズムを切り替えることで、店舗棚割に即した平均在庫量を維持しながら、欠品抑制や在庫適正化、業務効率化を実現する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ワークマンは2021年4月19日、日立製作所(以下、日立)との協創を通じ、AIによる需要予測などを活用して、約10万品目の発注業務を自動化する新システムを2021年3月から2店舗に先行導入して稼働を開始したと発表した。

 作業服とアウトドアウェアの小売店を全国展開するワークマンは現在、約10万品目に及ぶ商品を取り扱い、1店舗当たり約1万3000品目の在庫を保有している。従来、これらの発注業務に1日当たり約30分を費やしており、適切な在庫確保やタイムリーな商品入れ替えに課題があったという。

商品の売れ行きに応じて発注を最適化する新システム その仕組みは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Digital Business +Design

注目のテーマ