ニュース
» 2021年05月13日 07時00分 公開

富士通とAWSが協業、モビリティ業界のDX推進に向けた「3つの取り組み」とは

富士通は、全世界で「Amazon Web Services」(AWS)との協業を発表した。富士通のデジタルツインやセキュリティソリューションとAWSのクラウドサービスを組み合わせて、モビリティ業界のDX推進を支援する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 富士通は2021年5月12日、モビリティ業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進に向けて、全世界で「Amazon Web Services」(AWS)と協業すると発表した。

 富士通のデジタルツインやセキュリティソリューションとAWSのクラウドサービスを組み合わせたモビリティソリューションを両社が共同で開発し、AWS向けサードパーティーカタログ「AWS Marketplace」で提供する。

 富士通によれば、モビリティ業界ではCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)を中心に急速な技術革新が進んでいる。これまでの車両提供型から、車両データを活用したモビリティサービスによる価値提供へとビジネスモデルが大きく変化しているという。

富士通とAWSが推進する「3つの取り組み」とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ