連載
» 2021年06月23日 07時00分 公開

どうしたMicrosoft、どうなるWin 10? 「Windows 11」説急浮上の背景と“モヤモヤ”を解説しよう横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」番外編

「Win 10は最後のメジャーアップデート」って言ったじゃないか――! と、心の中で叫んだユーザーは多いのではないでしょうか。Win 10運用の課題や疑問を解説する本連載、終了したはずでしたが、急きょ番外編をお届けします。Microsoftは、ここに来て一体何をしようとしているのでしょうか? 6月25日の“Xデー”を前に、予想してみましょう。

[松尾太輔,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 横河レンタ・リースの松尾です。皆さま、お元気でしょうか? 先月まで、「Windows 10」にまつわる運用の課題や話題を取り上げる「Windows 10運用マスターへの道」を連載していました。が、連載終了から1カ月たたないかのうちに、改めて筆を取らせていただきます。その理由は、ユーザーの間で話題になっている「次世代のWindows」(あるいは「Windows 11」)について、一言申し上げたいからです。

 2021年6月25日(米国時間)、Microsoftが「What's New for Windows」と題した発表会を開催します。そこで、上述した次世代のWindowsを同社がいよいよ発表するのでは――、といわれています。

6月25日にWhat's New for Windowsとして重大発表を予告するMicrosoftのWebサイト。窓の向こうをほのめかすようなビジュアルにザワついた編集担当がいたとか、いなかったとか……(出典:MicrosoftのWebサイト)

 ここまで来て「あれれ、何だかおかしいぞ?」と思った読者もいるかもしれません。そう、私は連載において「Windows 10は永続的に更新を続ける、いわば最後のWindowsであり、その点で以前のWindowsとは根本的に異なる」というMicrosoftの基本的な概念を取り上げてきました。では、なぜ今になって、Windows 11の登場がまことしやかに囁かれるようになったのでしょうか?

その名も「Windows 11」?――次世代Windows説が最近になって急拡大したワケ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ