ニュース
» 2021年07月29日 15時46分 公開

IPカメラのファームウェアに緊急の脆弱性 複数ベンダーの製品に利用されており注意が必要

多くのIPカメラベンダーにソフトウェアを提供するUDP TechnologyのIPカメラファームウェアに複数の脆弱性が見つかった。範囲は明らかになっていないが、多くのデバイスが影響を受けるものとみられる。推奨された緩和策の実施を急いでほしい。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 インターネットに接続するタイプの監視カメラは、サイバー犯罪者にとって格好の標的だ。これらのデバイスはデフォルトの設定のまま使われていたり、脆弱(ぜいじゃく)性が存在したまま修正されずに使われたりしていることが多いためだ。

 セキュリティ企業のMalwarebytesは2021年7月28日(現地時間)、同社のブログでデジタルビデオソリューションを提供するUDP TechnologyのIPカメラファームウェアに深刻な脆弱性が存在すると伝えた。セキュリティ企業のRandoriSecの研究者が発見したと説明している。

同脆弱性を伝えるMalwarebytesのブログ(出典:MalwarebytesのWebサイトから抜粋)

IPカメラへの攻撃を緩和する方法は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ