ニュース
» 2021年08月31日 07時30分 公開

二重脅迫型のランサムウェア「Hive」に要注意 FBIが報告書を公開

2021年6月にはじめて活動が観測されたRaaSである「Hive」は、複数の攻撃者に利用されており、セキュリティに大きな課題を突きつけている。FBIはこれを受けてHiveに関する報告書を公開した。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 米国のコンピュータ緊急事態対策チーム(US-CERT:United States Computer Emergency Readiness Team)は2021年8月27日(現地時間)、米連邦調査局(FBI: Federal Bureau of Investigation)が二重脅迫型のランサムウェア「Hive」(以下、Hive)に関する報告書を公開したと伝えた。

 FBIによれば、Hiveは2021年6月に観測された「RaaS」(Ransomware-as-a-Service)の一種で、複数の攻撃者がこれを利用して企業ネットワークに侵入し、データの窃取、データの暗号化、身代金の要求などを実施するという。同報告書は、これを受けてHiveに関する侵害の兆候や戦術、技術、手順を詳細に説明している。

Hiveに関する報告書について伝えるUS-CERTのブログ(出典:US-CERTのWebサイトから抜粋)

多種多様な攻撃手段を持つHiveに要注意

 FBIが公開した報告書は次のページから閲覧可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ