ニュース
» 2021年09月16日 06時30分 公開

動画チャットのデータ、国内サーバに限定 新機能が提供開始

Vonageは、メディアトラフィックを国内サーバに限定する日本向けのセキュリティ機能「リージョナルメディアゾーン」を提供開始した。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Vonage Japan(以下、Vonage)は2021年9月14日、ライブビデオチャット機能を提供する「Vonage Video APIプラットフォーム」のセキュリティオプション「リージョナルメディアゾーン(Regional Media Zones)」が日本でも利用可能になったと発表した。

Photo Vonage Japan「Video API

日本版「リージョナルメディアゾーン」の機能とは?

 VonageのCPaaS(Communication Platform as a Service)型コミュニケーションAPIサービス「Vonage APIプラットフォーム」の一つであるVonage Video APIプラットフォームは、ライブビデオチャット機能をAPIで提供し、モバイルアプリやWebサイト、業務システムなどに組み込めるプラットフォームサービス。ライブビデオチャット機能は、世界150カ国以上で利用されているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

セキュリティ

注目のテーマ