ニュース
» 2021年10月25日 13時00分 公開

約半数の経営者が対策に「自信あり」 国内セキュリティ投資の実態は?企業の3分の1がサイバーセキュリティインシデントを経験

コロナ禍で働き方が多様化する中、企業のセキュリティ対策は変化を迫られている。セキュリティ投資の実態が調査から明らかになった。

[田中広美,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 SecureAge Technology(以下、セキュアエイジ)は2021年10月21日、「2021年セキュアエイジ コロナ禍のサイバーセキュリティに関する調査」の結果を発表した。

 同調査は2021年7〜8月に国内の従業員212人と経営者111人を対象に、コロナ禍での事業運営やテレワークに影響を与えたサイバーセキュリティへの懸念とキートレンドなどの把握を目的に実施した。

 同調査によると、コロナ禍で経営者の32.4%が「サイバーセキュリティ違反に対処した」と回答した。従業員は14.6%が「サイバーセキュリティインシデントに自分自身で対応した」と回答したが、19.8%は「過去1年間にサイバーセキュリティインシデントに対応したかどうか分からない」と回答している。

セキュリティ関連のトレーニングを提供する企業の割合は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

セキュリティ

注目のテーマ