ニュース
» 2021年11月12日 07時00分 公開

OktaがOkta Infrastructureを国内のAWSリージョンから提供へ 国内で運用を完結

Okta Japanは「Okta Infrastructure」を2022年2月に日本国内で稼働させる。AWSを基盤にサービスを提供する計画だ。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Okta Japan(Okta)は2021年11月11日、日本国内で2022年2月から「Okta Infrastructure」を稼働させると発表した。Okta Infrastructureは「Amazon Web Services」(AWS)を利用してOktaのデータを保管するサービスだ。計画停止なしでのサービス提供を前提としており、99.99%の可用性を保証する。日本で稼働させるサービスはバックアップやディザスターリカバリー(DR)サイトも日本国内に設置する。

国内で完結させる体制 構成の詳細は

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

セキュリティ

注目のテーマ