ニュース
» 2021年12月09日 15時22分 公開

ブロックチェーン技術でレジリエンスを強化するbotネット Googleが対策に乗り出し

Googleは大規模botネット「Glupteba」のテイクダウンオペレーションを実行している。同社はGluptebaの撲滅には技術的対応と法的措置双方のアプローチが必要だとし、ユーザー保護に取り組む姿勢を見せている。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Googleは2021年12月7日(現地時間)、同社のブログで悪質なbotネット「Gluptebaを停止するための行動を起こしたと伝えた。同社はGluptebaを停止させるには技術的な対応と法的措置双方のアプローチが必要だとし、業界と法執行機関の努力によってユーザーを保護すると説明している。

Gluptebaのテイクダウンオペレーションについて報じるGoogleのブログ(出典:GoogleのWebサイト)

ブロックチェーンでレジリエンスを高めるbotネット「Glupteba」とは?

 Gluptebaは全世界の約100万台のWindowsデバイスで構築されたbotネットだ。調査によれば、1日に数千台のペースで新たなデバイスがGluptebaのネットワークに加わっており、認証情報を含めたユーザーデータの窃取や暗号通貨マイニング、ルーティングの変更などを実行する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

セキュリティ

注目のテーマ