ITmedia DX
ニュース
» 2022年01月07日 07時00分 公開

第一工業製薬とHACARUSが検査技術を開発 AI活用で検査速度が約6倍に

第一工業製薬とHACARUSは、AIを活用して化学物質の検査速度を従来の約6倍にする技術を開発した。分析技術をAIで標準化することでコスト削減と技術継承に貢献する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 第一工業製薬とHACARUSは2022年1月6日、AI(人工知能)を活用して、カルボキシメチルセルロースナトリウム(CMC)の検査速度を従来の約6倍にする技術を開発したと発表した。

スパースモデリングの手法で検査を自動化

 開発した検査技術では、CMCの製造工程を近赤外線カメラで撮影し、その画像をAIで解析することで、CMCが用途に適した水分含有量にあるかどうかを判定する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Digital Native Leaders

注目のテーマ