女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記

会社でヘルプデスクを担当する私が、ある日突然、在宅ヘルプデスク部門開設プロジェクトのマネジャーに任命されてしまったから、さぁ大変。鬱憤晴らしで飲みに出かけたら、今度は勢いでPMBOK(ピンボック)とやらを勉強するハメに……。しかもいつの間にかPMPの試験を受けることになっている……。私は在宅ヘルプデスク業務のプロジェクトを成功に導けるのか? PMPの試験に合格できるのか? いや、そもそも、受験できるのか?

女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:

ついにこの日がやってきた。そう、今日はPMP試験の日。ちゃんと勉強してきたから大丈夫! と思いきや、あれ? そんなところに落とし穴!? わたし、もしかして大ピンチ? これって現実じゃないよね、夢だよね……。 

【鐙貴絵 , ITmedia】()
女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:

えぇぇぇぇぇ〜、4500時間のプロマネ経験? そんなの聞いてないよ! 試験、受けられないかも!! PMP試験が目前に迫る中、大ピンチに見舞われたわたし。過去にタイムスリップして経験を積むしかない!?

【鐙貴絵 , ITmedia】()
女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:

いよいよPMBOKの勉強も最後の章に突入! 今度は調達マネジメント? でも、在宅ヘルプデスクは調達するようなものってないような……。いやいや、とっても大事なモノを忘れてた。これって情シスの反発、必至かも……。

【鐙貴絵 , ITmedia】()
女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:

なんだか頭にすっと入ってこないなぁ〜、プロジェクト・リスク・マネジメントの項……朝の通勤ラッシュの中、そんなことを考えていたら大事件発生!! リスク管理の大切さを思い知るハメに……。

【鐙貴絵 , ITmedia】()
女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:

そろそろPMBOKの勉強も終盤にさしかかってきた今回のテーマはステークホルダーの管理。利害関係者を整理してみると反対勢力も……。そこをなだめるのって、めちゃくちゃ難しくないか?

【鐙貴絵 , ITmedia】()
女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:

プロジェクトを進めるうえでは、誰にどんな役割を割り当てるかが重要だよね。さっそく在宅ヘルプデスクプロジェクトの役割分担をしてみたら……意外な人の意外な能力に気がついちゃったかも……。

【鐙貴絵 , ITmedia】()
女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:

品質管理って謎が多い。参考書を見てみると、実行や監視に比べて“計画”のプロセスのページがやたらに多いのも謎めいている。いったいどういうこと? って思いながら卵サンドをパクついていたら……開眼したかも……。

【鐙貴絵 , ITmedia】()
女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:

知れば知るほど奥深いPMP試験の世界。受験のハードルたるや、想像を絶する高さであることが分かってきた。受験料555ドル、失敗して再受験したら375ドル、おまけに受験するには4500時間のプロジェクト経験と35時間の学習が必要って……。

【鐙貴絵 , ITmedia】()
女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:

次なる難関はお金の話、“コスト・マネジメント”。ついつい「予算の範囲内でまかなうために、どこにいくら使えるか」って考えてしまいがちだけど、それではダメみたい。だとすると、どう考えればいいのか……。

【鐙貴絵 , ITmedia】()
女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:

やっとのことで在宅ヘルプデスク業務開設プロジェクトの「プロジェクト・スコープ記述書」が完成したと思ったら、早くも次なる難関が……。4種類の論理的順序関係って何だ? 先行の作業の開始によって後続の作業が終わる「開始−終了(SF)」関係ってどういうこと?

【鐙貴絵 , ITmedia】()
女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:

PMBOK(ぴんぼっく)でプロジェクト・スコープ・マネジメントを勉強していたら、私の脳みそが急ブレーキで停止した。計画をするための計画?? それってヘンじゃない? まるで開けても開けても出てくるロシアの民芸人形みたいな……。

【鐙貴絵 , ITmedia】()
女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:

PMBOKを勉強し始めたはいいけれど……“わけわかんない”言葉たちがつぎから次へと襲ってくるからもう大変。プロジェクト憲章? 憲章って何? の、のり?? この「分からない連鎖」を断ち切ってくれたのは、何と社員旅行の相談にふらりとやってきた来たA子だった……。

【鐙貴絵 , ITmedia】()
女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:

一介のヘルプデスクが突然、プロジェクトマネジャーを任され、ぴんぼっくとやらを学び、PMP試験を受けるハメに……。これがこの春、わたしに降りかかってきた災難。小難しい勉強に挫折しそうになる私を救ったのは、十八代目中村勘三郎さんのこんなひと言だった。

【鐙貴絵 , ITmedia】()
女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:

かつての上司、Aさんが再び私の上司に返り咲いた。武勇伝には事欠かないAさんのことだから、職場が賑やかになるんだろうなぁ……なんてのんきに構えていたら、とんでもない事態に……。ヘルプデスクの私に「プロマネやれ」ってマジですか!?

【鐙貴絵 , ITmedia】()

あなたにオススメの記事

- PR -

Windows 7の延長サポート終了が2020年1月に迫っている。サポート終了前に知っておくべきWindows 10への移行ポイントとは?アイティメディアの各媒体が総力をあげて特集する

デジタル変革の成功に不可欠な人材像とは?ITでビジネスや企業そのものを変えようと挑戦する「人間」にスポットを当て、そのキャリアやITに対する考え方に迫る注目特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -