クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方

 私が専門とするストレージ技術は、クラウド/IoT時代を迎え大きく役割を変えつつあります。  様々な「非構造化データ」が無秩序に保存されてゆき、さらにかなり長期に保存する必要が出てきました。実は最新のデータセンターにおいてもデジタルデータの長期保存は大きな課題で、様々な新しい技術、新しい管理方法が考えられてきています。これはごく身近な個人のデータもそうです。スマホで撮った写真や動画、家族とのやりとりや記録、日記的メモやSNSのログなど、これらはいわばライフログ(人生の記録)になりつつある自分だけの大切なデータです。これらを数十年、百年単位で残していくにはどうすればよいのでしょう。  クラウドに預ければよい? いえいえ、そう簡単ではありません。実はクラウド業者である私たちでも、増え続けるデータの長期保存は実に頭の痛い課題なのです。  この連載は「そのようなビッグデータ時代に最適なストレージとは何か」がテーマです。今後、トランザクションデータとアーカイブデータの二極化が起こります。特に無秩序に途方もない量のデータが生成されるこれからの時代には、低コスト、低消費電力、高拡張性、高検索性のストレージが求められます。そんな課題の解決方法を、最新IT技術も交えてできるだけ分かりやすく解説していきます。

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:

データが拡散するほど危険になると思いがちなクラウド時代のストレージにおいては、逆にこの状況に合わせた技術の活用で安全になる可能があります。今回はブロックチェーンの特徴からクラウドストレージの技術を解説します。

【井上陽治(日本ヒューレット・パッカード) , ITmedia】()
クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:

たくさんのデータが拡散することでリスクが高まると思いがちですが、意外にもその状況に対応する技術を活用すれば、むしろ安全になると期待されています。今回はFinTechで注目されているブロックチェーンとストレージの関係をひも解いてみましょう。

【井上陽治(日本ヒューレット・パッカード) , ITmedia】()
クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:

日頃何気なく使っているスマートデバイスやスマート家電。便利な反面、不安になることも出てきました。今回はサイバー攻撃がもたらす3つの被害をもとにデータを安全に守るポイントを考えてみます。

【井上陽治(日本ヒューレット・パッカード) , ITmedia】()
クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:

日頃何気なく使っているデータベース、文書、写真や動画など、デジタルネイティブ世代には空気のような存在であるデジタルデータですが、もしそのデータがなくなったら、損失はいくらになるのでしょうか?

【井上陽治(日本ヒューレット・パッカード) , ITmedia】()
クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:

最近、IT業界で話題に上がるようになったのがDockerなどのコンテナ技術です。そんなコンテナ技術が、実はよく忘れ物をする人に役立つ技術なのかもしれません。その理由とは?

【井上陽治(日本ヒューレット・パッカード) , ITmedia】()
クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:

クラウドの出現で、人類が今まで築き上げてきた量に匹敵するデータをわすか数年で生成できる時代になりました。増え続けるデータの管理は大変そうですが、簡単にしていくヒントを旅行の荷造りから得られます。それは――。

【井上陽治(日本ヒューレット・パッカード) , ITmedia】()
クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:

ランサムウェアに備えてデータのバックアップが大切ですが、今回は犯罪者の視点からデータを守るポイントをもう少し掘り下げてみます。

【井上陽治(日本ヒューレット・パッカード) , ITmedia】()
クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:

国内ではランサムウェアによる被害が増えています。この脅威について“不正プログラム”という視点からではなく、人質にされてしまう“データ”の視点で考えてみると、どのような対策があるのでしょうか。

【井上陽治(日本ヒューレット・パッカード) , ITmedia】()
クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:

これまで次世代ストレージとして注目されているオブジェクトストレージの特徴やメリット・デメリットについて解説してきました。そのまとめとして、筆者が気になっているオブジェクトストレージの新たな利用方法を紹介します。

【井上陽治(日本ヒューレット・パッカード) , ITmedia】()
クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:

オブジェクトストレージをいざ使うとなると、具体的にどんな方法を選択すべきか悩んでしまいます。前回に引き続きオブジェクトストレージを上手に使うための10項目をご紹介します。

【井上陽治(日本ヒューレット・パッカード) , ITmedia】()
クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:

オブジェクトストレージをいざ使うとなると、具体的にどんな方法を選択すべきか悩んでしまいます。今回はオブジェクトストレージの上手に使うための10項目をご紹介します。

【井上陽治(日本ヒューレット・パッカード) , ITmedia】()
クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:

大量のデータを効率的に扱えるオブジェクトストレージですが、データの堅牢性を高めようとすれば、やはり容量が増えてしまいます。今回は容量を押さえつつ堅牢性を高める「イレージャーコーディング」をご紹介します。

【井上陽治(日本ヒューレット・パッカード) , ITmedia】()
クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:

ここまでオブジェクトストレージを使う前の基礎知識を中心に解説してきましたが、サイジングについても従来型ストレージとは異なるポイントが幾つもあります。その“ツボ”を紹介しましょう。

【井上陽治(日本ヒューレット・パッカード) , ITmedia】()
クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:

オブジェクトストレージは多様なデータを大量かつ安価に保存する用途に適していますが、その特性から注意すべき点もあります。今回は使う前の基礎知識を解説します。

【井上陽治(日本ヒューレット・パッカード) , ITmedia】()
クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:

前回はオブジェクトストレージの特徴を解説しましたが、今回はそのような特徴からどのような使い方ができるのかをひも解いてみます。

【井上陽治(日本ヒューレット・パッカード) , ITmedia】()
クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:

クラウド時代において主流となっていくオブジェクトストレージを詳しくひも解いていきます。今回はその特徴について見ていきましょう。

【井上陽治(日本ヒューレット・パッカード) , ITmedia】()
クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:

これまではクラウド社会で大きく変わりつつあるデジタルデータの扱い方、その注意点について話してきました。今回からはIT側から見た理想的なデータ保存形式について解説していきます。

【井上陽治(日本ヒューレット・パッカード) , ITmedia】()
クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:

デジタルデータは、コピーが簡単で、送受信も簡単、その場で加工もできます。しかし、便利な半面、消失してしまいやすいリスクもあります。今回は「では、何個コピーを残せばよいか」について改めて考えましょう。

【井上陽治(日本ヒューレット・パッカード) , ITmedia】()
クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:

データの保存先は、もうクラウドでいいよね。……本当にそうでしょうか。いつでも、どこでも、どのデバイスでも便利に使えるようになる大きなメリットがある半面、デメリットもあります。今回は“データ永久保存時代”の観点で、あえてその盲点をひもときましょう。

【井上陽治(日本ヒューレット・パッカード) , ITmedia】()
クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:

みなさん「HPポケット・メディア・ドライブ」を覚えていますか。それはさておき、データの長期保存には廃れゆくメディアなどから刷新する「データマイグレーション」という手法が有効です。データマイグレーションを行ううえで考えるべき「3つの注意点」を解説します。

【井上陽治(日本ヒューレット・パッカード) , ITmedia】()
クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:

爆発的に増えている「デジタルデータ」。これを「いつまで保存するか」を考えたことはありますでしょうか。クラウドに預ければよい? いえいえ、そう簡単ではありません。この観点で考えるストレージ技術や手段の「今」を、最新IT技術を交えながら解説していきます。

【井上陽治(日本ヒューレット・パッカード) , ITmedia】()

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -