連載
» 2000年12月19日 12時00分 公開

【特集】One-to-Oneマーケティングツール:〜ECサイトのパーソナライズ化とサービスレベルの向上で   One-to-Oneマーケティングを実現!〜 (5/5)

[吉田育代,@IT]
前のページへ 1|2|3|4|5       

5. One to Oneマーケティングツール製品カタログ

 すでにECが1つの市場を形成しつつある米国に比べ、日本のECはこれから盛り上がろうとする勃興期にあるといえる。One-to-Oneマーケティングツールを擁するベンダー各社は、いままさに日本でのマーケティング活動を本格的に開始したところだ。

 数年前より活動を始め、すでにいくつかの稼働サイトをもつ製品もあるが、実際にはまだ案件が進行中で稼働実績をもたない場合もある。また、今回紹介したパーソナライゼーション/レコメンデーション機能を提供する製品は、比較的大規模なWebサイトを想定したものが多いため、構築費用や期間などを考慮に入れると、現状では適用可能なECサイトは限られるとも考えられる。

 本章では、これらパーソナライゼーション/レコメンデーションエンジンのほか、サイト/ログ管理ツール、メールを利用したマーケティングツールなど、One-to-Oneマーケティングツールの代表的な製品をカタログ形式で紹介していこう。


One-to-Oneマーケティングツールの草分け

BroadVision One-To-One Enterprise

(ブロードビジョン)

日本ブロードビジョン

(代理店:伊藤忠テクノサイエンス他)

http://www.broadvision.com/

http://www.ctc-g.co.jp/


 One-to-Oneマーケティングツールの草分け的存在。同製品を用いることで、顧客プロフィールや行動特性をもとにした、パーソナライズされた情報をWeb上で提供することが可能になる。歴史が長いだけに、米国ECサイトでの採用例も多い。

 今回紹介している製品の中では、もっとも大規模な環境をサポートしており、規模に応じてスケーラブルに対応できるようになっている。また特徴として、あらかじめ設定したルールをもとにパーソナライズを行うルールベース方式を採用していることがあげられる。

BroadVisionの製品構成図(上の図版をクリックすると拡大表示します)
BroadVisionによりパーソナライズされたWebサイトの例(画面をクリックすると拡大表示します)

Java/XMLパーサなど、先進テクノロジーを搭載

Dynamo

(ダイナモ)

ART Technology Group

(国内販売代理店:理経)

http://www.atg.com/http://www.rikei.co.jp/jp/product/product.php3?id=97


 より低価格で使いやすいことを特徴にした製品ということで、急速にシェアを拡大しつつあるのがDynamoだ。すべてのコンポーネントがJ2EE準拠のJavaで記述され、XMLパーサを搭載するなど、先進テクノロジーを積極的に取り込んでいることも特徴の1つである。

 基本はBroadVisionと同じルールベースによるパーソナライゼーションを実現する製品だが、新バージョンのDynamo5では、新たに「Scenario Server」というビジュアルベースのイベント作成機能を搭載し、細かいルール設定がより簡単に行えるようになった。

Dynamoの製品構成図。最新バージョンであるDynamo5の新機能が「Dynamo Scenario Server」だ
Dynamo5の新機能「Scenario Server」。チャート表示された分かりやすいインターフェイスで、簡単にシナリオを組み立てることが可能だ(画面をクリックすると拡大表示します)≫画面をクリックすると拡大表示します

協調フィルタリングによるリアルタイム・レコメンデーション

NetPerceptions

(ネットパーセプションズ)

ネットパーセプションズ・ジャパン

http://www.netperceptions.co.jp/


 「同じような嗜好をもつ者同士をグループ化し、そのグループ内のある人物がAという商品を好んでいたとすると、グループ内の別の人物もAが好みであると予想する」という協調フィルタリングの手法を用いてパーソナライズ化(レコメンデーション)を行うのが、NetPerceptionsだ。その特徴としては、ルールの記述などがないため、メンテナンスの手間がかからず、データが蓄積されれば蓄積されるほど予想が正確になっていくという傾向がある。また、NetPerceptionsでは、これらの作業をリアルタイムで処理することで、収集したデータを即Webページ上に反映することができる。

 同社では、まだ大規模なECサイトの数が少ない日本市場向けに「Net Perceptions for E-Commerce Lite!! 5.1J」という製品を発表した。これは中小規模サイト向けに機能を限定した製品で、サイトの構築期間の短縮が可能という特徴をもつ。

NetPerceptionsの製品構成図
NetPerceptionsを利用したWebサイトの例。ショッピングカートを表示させたところ、その選択内容にあわせて、画面左下のほうに推奨商品を表示している(画面をクリックすると拡大表示します)

選好行動学をもとに、ユーザーの関与なしに嗜好を特定

AwarenessNet

(アウェアネスネット)

NTT東日本/NTT西日本

http://www.ntt-west.co.jp/


 NetPerceptionsと同様に、協調フィルタリングという手法を用いてパーソナライズ化を実現するのがAwarenessNetだ。AwarenessNetではさらに、選好行動フィルタリングという手法を用いて、過去のアクセス傾向から嗜好に直接影響しない情報を取り除き、高い精度でユーザーの登録作業なしに嗜好の特定を可能にする。

 AwarenessNetでは、協調フィルタリングベースのパーソナライゼーションに特化しているため、ユーザーの過去の実績の少ないECサイトには適用しにくい特徴をもつ。そのため、ある程度以上の規模のサイトをターゲットとしている。


AIベースのディープナレッジ技術搭載のレコメンデーションエンジン

シルバーエッグ・AIgentサーバ

(アイジェント)

シルバーエッグ・テクノロジー

http://www.silveregg.co.jp/


 これまでのルールベースや協調フィルタリングという手法とは異なり、AI理論を基にした独自の「ディープナレッジ」という手法でパーソナライゼーションを実現するのが「シルバーエッグ・AIgentサーバ」である。この種の製品では珍しい国内開発の製品だ。ディープナレッジ手法とは、あらかじめ事前に商品カテゴリに関する知識ネットワークを作成しておき、クリック履歴や購買履歴から各ユーザーがどのカテゴリに反応しているかを探し出し、該当するカテゴリの商品を推奨(レコメンデーション)するものである。知識ネットワークの作成は、データベースからのインポートのほか、マニュアルでの編集・管理も可能だ。

 ルールベースに比べメンテナンスの手間がかからず、協調フィルタリングに比べ、ユーザー数、アイテム数、行動履歴の収集が少なくても効果を発揮する。そのため、大規模なサイトでなくても適用可能なのが特徴だ。また、商品属性から推奨するため、流行の早い商品にも向いているほか、協調フィルタリング同様に嗜好性の高いECサイトに強い点も特徴である。

シルバーエッグ・AIgentサーバを利用したWebサイトの例。パーソナライゼーションの方法はポップアップ以外にも、メールや会員ページ、検索ページなどにも適用できる(画面をクリックすると拡大表示します)

サイトのレスポンスタイムを測定する監視ツール

eBA*ServiceMonitor

日本キャンドル

http://www.candle.co.jp/


 これまで紹介してきた製品は、Webページのパーソナライズや商品のレコメンデーション機能でOne-to-Oneマーケティングを実現していた。「eBA*ServiceMonitor」は、Webサーバ上の各種レスポンスタイムをモニタして測定、分析を行う統合管理ツールである。このツールを用いてサイトのサービスレベルを監視し、結果としてサイト全体の質の向上を図ろうというアプローチがとれる。

eBA*ServiceMonitorの動作画面例(画面をクリックすると拡大表示します)
レポート結果の表示例(画面をクリックすると拡大表示します)

One-to-Oneマーケティングツール製品一覧

●パーソナライズ/レコメンデーションエンジン
BroadVision One-To-One Enterprise BroadVision
Dynamo Art Technology Group
NetPerceptions ネットパーセプションズ・ジャパン
AwarenessNet NTT東日本NTT西日本
シルバーエッグ・AIgentサーバ シルバーエッグ・テクノロジー
●Webサイト監視・分析ツール
eBA*ServiceMonitor 日本キャンドル
WebTrends WebTrends
wusage フリーウェア
Analog フリーウェア
wwwstat フリーウェア

 「WebTrends LogAnalyzer」(国内販売代理店:ソフトボート ほか)は、Webサーバのログを解析してサイト訪問者のアクセス動向を分析、レポート化するツール。Webサーバのログ解析を行う「Log Analyzer」、ファイアウォールのログ解析を行う「Firewall Suite」、各種サーバ解析機能をまとめた「Professional/Enterprise

Suite」などの製品ラインナップが用意されている。インターフェイスがGUI化されており、使いやすくまとめられているのが特徴。「wusage」「Analog」「wwwstat」も同様のWebサーバログ解析ツールだが、UNIXライクなCUIベースのインターフェイスとなっている。

●電子メール関連
eGain Mail NTTコムウェア
HDE Customers Care ホライズン・デジタル・エンタープライズ

 「eGain Mail」は、顧客から寄せられた電子メールやWebメールによる問い合わせに対し、メールの管理、返信の機能を提供する、コールセンターやヘルプデスクなど、サポート部門向けの支援ツール。同ツールを利用することで、大量に届く各種問い合わせへの迅速な対応を可能にし、顧客へのサービスレベルの向上を図ることができる。「HDE Customers Care」は、パーソナライズされたメール送信を可能にするツールで、例えば、不特定多数の相手に同様のメールを送信する場合、メールごとに各人の宛名を差し込んだり、オプトインメールのように各人によって内容をカスタマイズするなど、各種カスタマイズができるようになる。DMなどでの活用例も多いという。

●統合型ソフトウェア
Microsoft Commerce Server マイクロソフト

 「Microsoft Commerce Server」は、ECに必要な機能の多くがパッケージングされている統合型ソフトウェア。同社のSQL Serverをバックエンジンとし、データマイニング機能が提供されるほか、BizTalk Serverと連携することで、各種サーバとXMLによる通信が可能となる。Webサイトのパーソナライズ/レコメンデーション機能も搭載する。

前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -