ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「広がる! SDNの世界探訪」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「広がる! SDNの世界探訪」に関する情報が集まったページです。

広がる! SDNの世界探訪(4):
SDN Conference 2014で語られたテレビ朝日の「SDN革命」
2014年2月18日に東京、2月21日に大阪で開催された「SDN Conference 2014」では、SDNを取り巻くさまざまな疑問に対する具体的な回答が紹介された。その中から、テレビ朝日のSDN構築事例と、ブロガーの小川晃通氏によるSDNというキーワードをめぐるセッションを紹介する。(2014/3/25)

広がる! SDNの世界探訪(3):
オープンソースの仮想ネットワークソフト「OpenVNet」が生まれたワケ
OpenFlowの最新バージョン1.3に対応した仮想ネットワークソフトウェアを、世界で初めてオープンソースで公開したWakame Software Foundation。その運営代表で、OpenVNetの開発元であるあくしゅの山崎泰宏氏によると、元々の狙いは「データセンターを丸ごと仮想化」することにあったという。(2014/1/8)

広がる! SDNの世界探訪(2):
「SDN Japan 2013」レポート〜SDNでネットワークは変わる? 変わらない?
2013年9月18日〜20日に開催された「SDN Japan 2013」では、エンジニアとしての、そして事業者やユーザーとしての本音がかいま見えるパネルディスカッションが行われた。その模様の一部を紹介する。(2013/10/31)

広がる! SDNの世界探訪(1):
「SDNは現実に期待できるソリューション」、草創期から取り組んできたNEC
人によって、またベンダによって異なる期待をされている「SDN(Software Defined Network)」。この記事では、各社のSDNに対する取り組みを知ることで、SDNに対する理解を深めていく。初回は、SDNのアーキテクチャやOpenFlowプロトコルの研究・開発に当初から参加し、国内外でSDNの発展に関与してきたNECに話を聞いた。(2013/10/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。