ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年11月02日 01時36分 公開

っぽいかもしれない:写真もゲームも“ご機嫌”の「iPod Photo」を触ってきた (2/2)

[こばやしゆたか,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 あらかじめiTunesでデータを仕込んでおくから、iPod Photoのソフトウェアの負担は軽い。サムネイル表示やフルスクリーン表示も非常に高速にできる。

 そのかわり、JPEGデータをそのまま表示するというようなことはできない。たとえば、iPod Photoには今まで同様に「Belkin Media Reader」をつないで、デジカメのデータを吸い上げることができる。でも、このデータをその場でiPod Photoで見ることはできないのだ。一度iTunesでの仕込み作業を経ないといけない。

 iPod Photoは、いままでヘッドフォン端子だったところがAV端子になっている。普通のヘッドフォンはもちろんそのまま繋げるのだけど、付属の4極ミニジャックのケーブルを繋ぐと、コンポジットビデオ信号も取り出せるというわけ(*1)。また、ドックに繋いだ場合にはS-Videoでも出力できる。

photo ドック背面にはS-Video端子が追加されている

 画像は、スライドショーで見ることもできる。このとき、BGMとしてiPodのプレイリストの曲をかけられるのはもちろんだ。設定メニューには「トランジション」というのがあって、ちょっと期待したのだけど、いまのところON/OFFしかない(ONにすると、画面を押し出すように次の画像に変わる)。

 Photo以外でも、カラーディスプレイは活用される。大きな進歩は、iPodの曲の再生中にジャケットデータなどを表示できるようになったことだ。iTunesでは、曲データのID3タグに画像データを埋め込むことができるのだけど、これがやっとiPodで使われるようになったのだ。

 もちろん、ゲームもご機嫌だ。「solitaire」のトランプのマークがわかりにくいと文句を言われることもなくなる。このほか、充電中のアイコンが7色変化するとか、起動時のアップルマークが妙にかっこいいとか、カラーを満喫しているようだ。

photo トランプがかっこいい

 「U2 Special Edition」は、黒と赤のアグレッシブなデザインのiPodだ。いままでコマーシャルへの出演をすべて拒んできたU2が、「iPodが好きだ」という理由でCMに出演するだけではなく、このようなコラボレーションも見せることになったのだ。CMへの出演そのものに対してはノーギャラだったということで、「コマーシャルではなくパートナーシップ」(前刀氏)だそうである。

photo 「U2 Special Edition」。スペックは従来モデルと同じだが、黒と赤のアグレッシブなデザインが特徴。裏面にはU2のサインも

 なお、そのCMで使われている曲「Vertigo」はU2の次のアルバムに収められるのだが、その前にiTunes Music Storeでは先行発売される(*2)。ただし日本からはまだ買えない。

 価格は、iPod Photoの60Gバイトが7万140円、同じく40Gバイトが5万7540円、U2 Special Editionは4万740円。発売予定はiPod Photoは今週中、U2 Special Editionは11月中旬とのことだ。

photo 密かに発表された新商品。アップルオリジナルの「iPodくつした」。すべてのiPodをやさしくつつむかわいいアイテムだ。価格未定


*1アップルでは、かつてのiBookで採用された技だ。

*2と、未来形で発表されたのだが、いまみると既にStoreにあがっているようだ(リンク)。もっとも、こっちは(Single Version)となっているから、バージョン違いなのかもしれない。いずれにしても日本からは買えないんだけど。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.