ITmedia NEWS >
レビュー
» 2005年08月10日 11時46分 公開

レビュー:誰もが使える“万能選手”――松下LUMIX「DMC-FX9」 (5/5)

[小山安博,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

FX9での作例

photo プログラムモードで撮影。ホワイトバランスはオートだが、朝焼けの色が正確に出ている。ISO感度は最低感度のISO80。暗部の色ノイズが少し気になるが、このクラスとしては十分な写りだろう
photo こちらもホワイトバランスはオートだが色かぶりが見られる。だが、総じて優秀な描写だ
photo 同じ場所からEX光学ズームを使って4.1倍までズームした
photo 暗部に色ノイズ、空との境目にパープルフリンジが発生している。これを許容範囲と見るかは人それぞれだろう
photo マクロモードで花を撮影。テレマクロなので、撮影可能範囲は30センチ〜∞。ワイド端なら5センチまで近寄れる。画質調整で「ヴィヴィッド」を選択してあり、彩度とシャープネスが強調されている
photo アスペクト比4:3
photo アスペクト比3:2
photo アスペクト比16:9。CCD自体は4:3なので、それ以外のアスペクト比の場合はCCDの一部を使わずに撮影するため、記録画素数は小さくなる。写る範囲も狭くなるが、写真から受ける印象はだいぶ異なる
photo 料理モードで撮影した。ISO感度は200までゲインアップしたが、シャッタースピードは1/8秒で、手ブレ補正機能のおかげでどうにか撮影できた。ISO200のノイズは、ISO80に比べると多いが、手ブレと比べればずいぶんマシだろう
前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.