ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年08月18日 16時41分 公開

東芝、DVDレコーダーを対象にした“番組宣伝・情報提供”トライアル開始

東芝は、「RDシリーズ」最新モデルの「おすすめサービス」を利用する「番組宣伝・情報提供サービス」のトライアルを開始した。予約録画の情報などをもとにして、広告情報をDVDレコーダーに送信する仕組みだ。

[ITmedia]

 東芝は8月18日、同社のDVDレコーダー「RDシリーズ」の最新モデルに搭載された「おすすめサービス」を利用して「番組宣伝・情報提供サービス」のトライアルを開始した。予約録画の情報などをもとにして、広告情報をDVDレコーダーに送信。「ユーザーの嗜好に合わせた情報提供が可能になる」という。

photo おすすめサービスを搭載した「RD-XS37/XS57」

 「おすすめサービス」は、最新モデルの「RD-XS37/XS57」で利用できるネットワークサービスだ。電子番組表「DEPG」利用者の録画予約データを同社のサーバで集計し、放送が行われる前にオススメ番組を告知する仕組み。現在は、ジャンルや時間帯別の「予約ランキング」のほか、ユーザーの嗜好(番組予約の傾向)を学習して番組を推薦する「あなたのおすすめ」、好みが似ているグループを分析して番組を推薦する「みんなからのおすすめ」という3種類の“おすすめ”が用意されている。

 今回のトライアルは、「おすすめサービス」のメニューに「とっておき広場」を新設。ここに番組宣伝や情報を掲載するというスタイルだ。第1弾として、バンダイチャンネルがGyaOで実施する「交響詩篇エウレカセブン」の無料VOD配信イベントに関する情報。RD-XS37/XS57でアニメ関連の予約録画を行ったユーザーに配信している。また、「おすすめサービス」と連携するテレビ番組情報サイト「テレビサーフ」でも告知キャンペーンを実施する。

photo アニメを予約録画した場合、「とっておき広場」にバンダイチャンネルの夏休みスペシャルイベントに関する告知が入る。8月27日からUSENが運営するVODサイト「GyaO」で「交響詩篇エウレカセブン」の第1話から第18話までを無料配信
photo アニメを予約録画していない場合

 東芝では、「今回はアニメーション番組に興味を持っているユーザーを対象として、関連イベント情報を提供するなどユーザーにとって楽しみの増える情報提供を実施するが、今後は特定条件に該当するユーザーに対して番組宣伝を含めたさまざまな告知サービスを実施する予定だ」(東芝iバリュークリエーション事業部)としている。

 なお、本格サービスへの移行時期など詳細については未定。「ユーザーの反応を見ながら検討していきたい」と話していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.